肩こり・腰痛・顎の悩みを根本から解決する広島のハーマ整体院

猫背

【猫背】

背骨の歪み(猫背)は万病の元!! ~猫背を改善したい方へ~

最近、背中が丸くなっている若者をよく見かけます。
何故か若者の方が姿勢の悪い人が多いようです。

背骨が歪んでいると見た目にも不健康そうですが、
実際、身体にとっても良くないのは想像できますね。

猫背になる原因とは?

近年、姿勢が悪い人が急に増えているのには、
以下のような原因が考えられます。

パソコン入力、スマートフォンや携帯電話の
長時間の使用、テレビゲーム、携帯ゲーム、
ソファに坐る習慣、など。

若い人ほど健康には無頓着です。

何の症状もないからといって健康かというと
じつは、そうともいえないのです。

脊髄

ご存知のように、背骨の中には脊髄(神経の束)が入っています。

猫背や側湾など背骨が不良な状態ですと、
一定の姿勢になると脊髄が圧迫されることがあります。
圧迫といっても骨に挟まれるわけではありません。

脊髄神経が椎骨と椎骨の間を通るときに
脂肪や筋肉などに圧迫されるのです。

背骨の歪みが原因で、神経が圧迫されて
起こる症状には多くのものがあります。

背中のコリや痛み、背骨の痛み、肩こり、
頭痛、めまい、、免疫力低下、
ホルモンバランスの乱れ、
血圧の乱れ、新陳代謝の低下、手や足の冷え、むくみ、
内臓機能低下(心臓、肺、胃、腸、肝臓、など)など。

この症状を見て、「私も当てはまるかも」と思った人は要注意ですよ。

繰り返しになりますが、猫背は、見た目よりも、

背骨の歪みで引き起こされる症状の方が問題なのです。

もしご家族の中に姿勢の悪い方がいらっしゃれば、
ちょっと厳しく注意してあげて下さい。

特に若い方はこれからの長い人生、

取替えのきかないその体を一生使うのですから

猫背予防対策

以下に、猫背を予防するための、
あるいは現状より悪化させないための方法をいくつかご紹介します。

① 胸を張る
② おなかを引っ込める
③ 頭をうしろに引く
④ 腰を丸めて坐らない
⑤ 足を組まない
(以下に、①から順番に説明していきます。)

① 普段から気をつけるのが一番いいのですが、忘れてしまう人もいます。
一日に数回大胸筋(胸の筋肉)を伸ばすストレッチをして下さい。

伸ばして気持ちのいいところで止めます(20~30秒)。
壁などを使うとやりやすいですよ。

② 腹筋が弱い人は、立っているときに
おなかを前方に出すような姿勢になります。

そうするとバランスを取ろうとして、顔が前に出ます。
このような姿勢を続けると、上部胸椎(背中の上の部分)
が丸くなってしまいます。
お腹に力を入れることを意識して下さい。

③ 頭が肩より前に出ているような姿勢は、 
パソコンなどのデスクワークやレジの仕事を
している人に良く見られます。

できるだけ頭をうしろに引くように心掛けて下さい。

④ 腰を丸めて坐ると、そのまま背中も丸くなります。
仕事で長距離を運転する人や、
ソファや座椅子に長時間坐る人に良く見られます。

この姿勢は最も腰痛を起こしやすい姿勢です。
心当たりのある人は気をつけましょう。

⑤ 足を組むと、自然に背中が丸くなります。
この姿勢では、猫背と骨盤の歪み
同時に作ってしまいますから、極力やめましょう。

猫背の状態は、骨が変化すると、自力での改善は難しいと思われます。

猫背の矯正

猫背が慢性化すると胸椎の関節が硬くなり、
それが元で神経伝達に異常が起こり、
次のような症状が、出てきます。

背中のコリや痛み、背骨の痛み、肩こり、
頭痛、めまい、免疫力低下、ホルモンバランスの乱れ、
血圧の乱れ、新陳代謝の低下、手や足の冷え、むくみ、
内臓機能低下(心臓、肺、胃、腸、肝臓、胆のうなど)

胸椎の矯正方法は色々ありますが、
当院では全身の検査と調整を行う事があります。

下の写真は、猫背の原因となっている上部胸椎を矯正しているところです。

IMG_3500 (2) (414x640)

この他にも、もっと効果的な矯正方法がいくつかあります。

慢性の度合いにより、改善に時間がかかる場合があります。
猫背が慢性化している方は、なるべく間隔を詰めて
矯正に通われることをお勧めしています


自信有り

ハーマ整体院
住 所:
〒734-0025 広島県広島市南区東本浦5-3品田ビル1F 
アクセス:(広島県庁、広島駅より)広電バス4号線 
              仁保姫神社前下車  徒歩3分
画像の説明               
   [詳細図]
画像の説明
お問い合わせ・ご予約:
        082-288-8788    
受付時間:
   9:30~20:00
定休日:
  木曜日

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional