肩こり・腰痛・顎の悩みを根本から解決する広島のハーマ整体院

顔やアゴの悩み

【顔や顎の悩み】

顔に関するお悩みでみえられる方がありますが、

これには二つのパターンがあります。

後頭部の凹凸など頭の形に関する悩み⇒頭蓋骨調整

エラ張りや顎の形など、顎が原因の顔の歪み顎関節調整

①の方は、生まれつきの場合もありますが、

成長期の骨と筋肉の発達のバランスが狂って

しまったために起こる事があります

どちらの場合でも、頭だけでなく身体のほうも歪みがあるので、

全身の調整が必要になります

また顎関節の歪みが、顔のバランスに大きく関わるので、口の開閉時に違和感があったり、顎が顔のセンターからずれている場合は、顎関節の調整が必要です。

②の方は、生まれつき下顎の骨の形が変形している場合

を除いて顎関節の動きに注目してみる必要があります。

「顎が開けにくい」

「顎を開けると痛い」

「顎を開けるとき音がする」

「顎がまっすぐ開かない」

「顎の高さが左右で違う」


このような症状を、「''顎関節症''(がくかんせつしょう)」といいます。

顎関節って上と下の顎じゃないのご存知でしょうか?

顎関節のしくみ

図のように、顎の関節は、下顎の骨と耳の周囲を

構成する側頭骨で出来ています。

下顎の上端(下顎頭といいます)と側頭骨のくぼみの間には、

関節円板という軟骨があります。


この関節円板は色々な方向に、種々の筋肉で固定されていて

関節の動きとともに下顎頭に連動して移動します


噛みあわせの異常や外傷などにより障害が起こると、

関節円板を固定している筋肉に緊張が起こり、

関節円板が下顎頭の動きとうまく連動できなくなります。

すると、関節円板がいわゆる「つっかえる」状態となり

痛みや口が開きにくいといった症状が出るのです

顎関節症の原因

顎関節症は、日常の何気ない習慣で徐々に発症していきます。

例を挙げると、
ほお杖をつく
うつ伏せで寝る
いつも同じ方の奥歯でかむ
あめや氷など硬いものを歯で割る など

他にも、虫歯や純粋に歯並びのせいで

かみ合わせが悪くなっている場合もあります。

その場合は歯科医での治療が必要です。

まず当院にご相談ください



上記の症状が出ている方で、どこに行っていいか分からず、

最初に歯科医に行かれる方がおられますが、

まずは当院で、顎の関節に異常がないことを

確認してから歯科医に行かれてください。

異常があれば、当院の施術を受けながら、

平行して歯科医の治療を受けることをお勧めします。

先に歯の治療をしても、顎の関節にゆがみが

残っていると症状は根本的には改善されません。

関節の歪みが放置されたままでは、噛み合わせのたびに

ストレスがかかり、またズレてしまうからです。


顎関節症の症状

顎のゆがみは慢性化してくると、全身性の症状を引き起こします。

全身的症状とは、

そしゃく障害、歯ぎしり、頬の内側をかむ、

頭痛、耳鳴り、めまい、睡眠障害、不安、

視力低下、首の痛み、肩こり、顔面神経痛、

三叉神経痛、平衡感覚の問題、難聴

など、非常に多くの症状があります。

また、骨盤の歪みが顎のゆがみを誘発するというのは、

よくみられることです。


顎のゆがみや上記の症状について心当たりのある方は、

お早めに身体の調整を受けられることをお勧めします。

また、先ほどの良くない習慣がある場合、まずそれをおやめ下さい。

少なくとも症状の進行を遅らせることが出来ます。

当院の顎関節症の施術

顎関節症はアゴだけに原因があるわけではありません。

そのため当院では最初に全身の歪みを調整しています。
そののち、以下の調整を行います。

顎関節症の施術

【治療のながれ】

 ①問診
あなたが現在どのような顎関節症なのか問診させていただきます。

口をあけるときに痛いのか、閉じる時に痛いのか、開閉に関係なく痛いのか

口は閉じる時に音がするのか、開く時に音がするのか他にどんな症状があるのか

その他にも気になる症状があればうかがわせていただきます。

 ②視診
実際に口の開閉をやってもらって、顎がどのように動くのか、
どの程度あけられるのか、第三者に聞こえるような音がするのかなどを、目視したり、聴いたりします。

 ③触診
顎を触診して 軽く右から左に押したり、左から右に押したり下げたりして、どの方向に可動性が少なくなっているのか調べます。

さらに背骨や頭蓋骨の可動性や筋肉の触診をして、どこから顎が影響を受けているのか調べます。

  ④治療
顎関節症は、顎だけの問題ではなく体全体の歪みが、頭に影響しています。

顎関節症の方は著しく全身の筋肉が緊張している場合が多いのです。

そこで治療では、まず骨盤の調整をおこない脊柱を安定させます。 

それから脊柱起立筋、広背筋、広頸筋の順に緊張をとる操作を行いますと、顎への緊張が緩和されます。 

このように徐々に頭のほうに向かって関節の可動性を高める操作をしながら筋肉の緊張を解いてやります。

頭部の調整では、顎関節症の方は頭が緊張しやすい体質の方が多いので、緊張している硬膜をゆるめます。

顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋など顎周辺の筋肉の緊張を緩和します。

ここまでの準備ができたら、顎関節の施術に入ります。

(A)ほんの軽い圧を使って関節包、関節円盤に働きかける操作をします。

  受けている患者さんには、ただ手を当てられている感じしかないほどのタッチです。

 ⇒操作後、顎の動きや痛みがどのように変化したかチェックし、

(B)さらに、圧の加え方を変えて同様な操作か 場合によっては間接操法
  (顎をずれている方向に誇張して動かす)を用いて二度目の操作を行います。

 ⇒操作後、顎の動きや痛みがどのように変化したかチェックします。

この段階で最初より5割以上の改善の実感が 患者さん、術者の双方にあれば、治療を終了します。

もしあまり改善が見られなければ、もう一度だけA、Bの手順を繰り返します。
一回目の施術ではここまでです。

改善しないからといって何度も行うと、かえって症状を悪化させる恐れがあるので、一度に操作できるのは4回までにしています。

以上の操作で、視診で素人が見てもひどいと思うくらいの歪みでも数回でほとんどの顎の不調が改善します。

但し、慢性の度合いにより、改善に時間がかかる場合があります。
慢性的な顎関節症の症状がある方は、なるべく間隔を詰めて来院されることをお勧めします



自信有り

ハーマ整体院
住 所:
〒734-0025 広島県広島市南区東本浦5-3品田ビル1F 
アクセス:(広島県庁、広島駅より)広電バス4号線 
              仁保姫神社前下車  徒歩3分
画像の説明               
   [詳細図]
画像の説明
お問い合わせ・ご予約:
        082-288-8788    
受付時間:
   9:30~20:00
定休日:
  木曜日
''''

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional